会場紹介

会場紹介

会場紹介
清雅の間 ルネットサルーン 鳳明の間  エントランス サンクタスチャペル 全景

「百年の時を越えて、いま花開く」

世界への扉が開かれ、西欧諸国の文化が流入してきた明治時代。
現在の日本の結婚式の原型もこの時期に築かれたといわれています。
和を誇り、洋を尊ぶ。「和魂洋才」という新しい思想が生まれた時代でもありました。

時は流れ百年------。
和と洋が調和した美意識高い意匠をそのままに、明治の華やぎを湛えた洋館が日本に蘇りました。

蕾から花へ。
ここは、そんな喜び溢れる瞬間にふさわしい場所。
「百花籠」で祝福の歓声が響き渡り、お二人の物語の幕が開く・・・

「百年もの時を越えて開く花」‘お二人の未来に幾百もの花が咲き誇るように‘と願い込められた「百花籠」の世界

それぞれの意匠を凝らした3つの披露宴会場とお庭

百花籠オリジナル「人力車」のご紹介

  • ブライダルフェア一覧
  • いつでもOK見学予約

052-932-3888

page top